開拓(建築)ルール

 icon-angle-right 目的

範囲の限られた生活ワールドを計画的に利用し、長期にわたって維持していく為。

無計画な開拓は、他の開拓に影響を及ぼします。

またこのルールは、制定前に開発が開始された地域に関しても適用されます。
(2019/1/13 制定)


  開拓基本ルール

  第1条 定義
  1. 開拓に際して、必要な情報を定めるものです。
  2. すべての利用者はこのルールを読んでいなくとも、同意したと判断します。
  第2条 開拓地の選定
  1. 新規開拓をするにあたって、開拓可能な土地を定めています。
    ・開拓中心地から半径150mが自然状態であること。
    ・開拓中心地から半径150mにWorldGuardによる保護がされていないこと。
    150m圏内でなくとも、付近の都市には事前に聞いておくのが、トラブル回避になる。
  2. 開拓したい土地がすでに利用されていた場合。
    ・一部が整地されていたり建物が建っている。
    原状回復ルールにより利用可能になる場合がありますので、サーバーオーナーへお問い合わせください。

  開拓制限ルール

 icon-angle-down 第1条 定義
  1. このルールは開拓基本ルールを前提とした、細かい内容を定めるものです。
  2. すべての利用者はこのルールを読んでいなくとも、同意したと判断します。

 

 第2条 開拓地の区分
  1. 当サーバーでは、自由な受け入れ体制をもつ「指定都市」を推奨しています。
    以下は区分表です。

    区分 条件
    指定都市 ・土地は個人で保護が可能で、第三者を介することなく直ちに利用できる。
    ・無償地の面積割合が80%を超える。
    準指定
    都市
    ・居住が許可制など、新規ユーザーの障壁となる制限がある場合。
    ・無償地の面積割合が60%を超える。
    特例区域 ・住民を募集していない、又は事実上新規ユーザーの居住が困難。
    個人的な開拓地もこれに該当します。
  第3条 土地取得の制限
  1. 自由な受け入れ体制をもつ地域を推奨しています。
    都市として管理できる、土地の範囲について定めています。

    区分 土地取得制限 概要
    指定都市 なし 取得範囲は無制限です。
    準指定
    都市
    40万平米まで
    (約600x600m)
    特例区域 人口1人あたり
    5万平米まで
    (約200x200m)
    例として、人口3人の場合利用できる面積は、15万平米となります。

    ただし、その時点で活動が認められているユーザー人数分となります。初期参加者が5人だとしても、実際に土地を利用している方が2人の場合は、10万平米までとなります。

    ・名称の異なる都市であっても、管理者が同一、又は当事者の干渉が大きいと判断された都市は、同一都市としてカウントしますのでご注意ください。
    ・制限を大幅に超えた場合、是正勧告が行われます。従わない場合、サーバールールに則り処理いたします。

 

  第4条 土地利用
  1. すべての土地は原状回復ルールに則り処理されます。
  2. 利用予定のない、又は維持する能力を超える土地開拓を行わない。
  3. 山岳の解体は景観・技術的な問題があるため、できるかぎり避ける。
    解体が必要な場合必ず、オーナー(ExtremeCat_)へ確認する。
    当サーバーの山岳はバニラと違い大規模で、いくつかの山が続いてる形になっています。
    綺麗に解体する場合相当な労力となり、計画が頓挫し放棄されることを防ぐためです。
  4. 山岳地の開拓・解体は、対象の山岳地が他域に隣接している場合、了解を得てから行う。
  5. 空中建築は大陸上で控え、海上・島等で行う。
  6. 地形の上からブロックを被せ整地した土地(ハリボテ整地)を、居住用の土地として提供してはならない。
    空洞が増えると、処理等でサーバー負荷だけでなく、クライアントへも影響を及ぼします。

 

  第5条 水上利用
  1. 海上・河川の埋立は水上移動に影響しないように行う。
  2. 海上建設は、対岸(島しょ含まず)から直線距離100m以上離す。
    (自身の開拓地又は許可を得ている場合を除く)
  3. 100m超の橋建設は、サーバーオーナーの許可が必要になります。

 

  第6条 都市管理
  1. 基本的に、都市境界線は両地域の相談により決定される。
    境界線を明確にすることでトラブルを防止できるので、積極的に相談しましょう。
  2. 居住者が不在で撤去することが不可能な建物の強制撤去
    サーバーオーナーへお問い合わせください、原状回復ルールに則り撤去できる可能性があります。

 

  第7条 土地販売
  1. 土地を有償販売するには以下条件が必要になります。
    ・指定都市、又は準指定都市に属する。
    ・土地に関する十分な説明を行った上で購入者へ引き渡す必要があります。
    利用可能範囲、価格維持費等、土地解約の可否、その他取り決めの説明

 

  第8条 インフラ整備への協力
  1. 当サーバーでは、全域に鉄道や道路などのインフラを整備することを目標とし、自動車活用や鉄道による新規ユーザーの移動手段の確保を推進しています。
    そのためには、道路や鉄道を通すための土地提供などによる協力が必要になります。

 


  開発が長期間停止した場合(原状回復ルール)

以下条件にひとつでも当てはまる場合、開発地はリセットされ初期の状態へ復元(原状回復)されることがあります。

  • 開発が停止してから6ヶ月以上経過
  • 居住者がいない
  • 原状回復に関して定住者の承認がある場合

諸事情で長期間ログインできない等の理由がある場合はDiscord等でご連絡ください。
ExtremeCat_#9533 まで。