ホーム・ワープ設定

従来のホーム設定の進化版を採用

一般的なホームとは使い勝手が違うので、遊ぶ際はホーム設定という概念を捨てよう。
以下、特徴や使い方を説明しているのでしっかり読もう。

設定数無制限

む-せいげん [無制限]
足りないと嘆くことが無い様子。気の済むまでワープを設定できるということ。
[注] 無制限には理由がつきもの。 なぜなら設定にはお金がかかるから。

利用料については後述しているので確認しよう。

利用期間の制約

これは今までのホーム設定にはなかった特徴その一。
ワープを利用できる期間が「1から30日」という制約がある。
もちろん、30日を過ぎたら期限切れで使えなくなる。しかし設定が消える前に延長ができる
もしうっかりで消えてしまっても、期限切れから24時間以内ならコマンドで復活させることができる。

たま~に来るだけのユーザーには冷たいなあ。と思われるかもしれないが、一応救済システムもあるので確認しておこう!

収益化とは

利用者にワープ利用料を請求できる。

一体どう使うのかというと利用例を挙げてみる。
イベントの参加費回収として
前払い方式で確実に参加費を徴収できる。

このように利用方法は様々で、協力プレイで節約もできる。

ワープを共有できる

かなり便利です。
公開ワープでは、 ワープコストを設定していても共有ユーザーは利用料が免除されます。
非公開ワープでは、指定したプレイヤーだけにワープを使わせることができます!
ただし、一人あたり登録料として3000฿かかります。


コマンド

コマンド短縮概要
/playerwarp/pw , /pwarpGUIを開きます
/playerwarp < ワープ名 >/pw <ワープ名> 指定した場所へワープ

利用料

576฿/日
公開ワープ設定 20000฿
ワープ共有 3000฿/人
ワープコスト(利用者が払うもの) 0฿~10,000฿まで設定可


初心者の救済「ベッドスポーン」

お金のない初心者やあまり来ないユーザーにこれは辛い…
ということで。ホームがないとさすがに生活難があるので、ベッドスポーンだけは無料で使えるようになっています。
使い方は、ベッドを右クリックするだけで登録できる。
ベッドへワープするには /home と入力するだけ。

※ベッドを壊すとワープできなくなります。